私がIRMをオススメしたい人

紺野明梨紗です。このブログにお越しいただきありがとうございます。

 

今日も、読者の皆さんが最高に幸せになることを願ってブログを書きます。

 

かつての私にとって

恐怖などの感情は突然襲来するものでした。

 

あの人が私を嫌っていたらどうしよう

あの場で私が受け入れられなかったらどうしよう

うまく行かなかったらどうしよう

 

そんな感覚が襲ってきたとき

私は行動することができなくなり

なす術なくうずくまって

時が過ぎるのを待ちました。

 

私はこの大きな恐怖に

対処する術が分からなかった。

 

ですがIRMに出会ってから変わりました。

 

私にとってIRMは

自分の中の大きな恐怖などに

立ち向かう武器でもあります。

 

感情学修でネガティブ感情が

なぜ嫌と感じるのかを書き出してみると

自分の感情を客観的に見ることができるようになります。

それだけでも私はずいぶん癒やされました。

 

また、特に大きな恐怖などの感情は

忘れようとしても心の奥底に

ずっと残っているものです。

 

私は感情学修をやってみて

ある大きな恐怖が10年経っても

残っていたと気付きました。

 

感情学修で私は癒やされています。

さらに感情学修がうまく行くと

ネガティブ感情が裏返り

ポジティブ感情さえ体感できるのです。

 

大きな恐怖、怒り、恨みなどを

抱えている人にこそ

IRMをオススメしたいです。

多くの望まない感情たちへ

紺野明梨紗です。このブログにお越しいただきありがとうございます。

 

今日も、読者の皆さんが最高に幸せになることを願ってブログを書きます。

 

どうしてもやる気が出ない…

何かしたいけれども

本来やるべきことはしたくない…

 

こういう、やる気出ないときってありませんか❓

 

また、

やることいっぱいで思わずテンパり

忙しい忙しいと心の中でつぶやいている

 

こういう、忙しくて時間ないと思うときもありますよね。

 

それも感情学修でみていくことができる

デトックス感情なんだと教えてもらったときは

驚きました(・o・)

 

望まない感情を浄化した先には

あふれるエネルギーに直接アクセスできるようになるのだとか。

もともと誰しもエネルギーがあふれているのに

デトックスフィルターの目が詰まっていると

そのエネルギーが自覚できないみたいなのです。

 

エネルギーを引き出せたらいいなぁと思いつつ

それについては今も修行中です。

 

感情学修を繰り返してスキルを高めることで

やる気が出なかったり

忙しくて時間がないと思うことへの

感情にアプローチできるのではないかと考えています。

どう捉えるか

紺野明梨紗です。このブログにお越しいただきありがとうございます。

 

今日も、読者の皆さんが最高に幸せになることを願ってブログを書きます。

 

IRM開発者幸田先生より

「人がどう思っているかを考えることはせず、
あくまで自分がどう捉えているかを考えなさい」
と教えていただきました。

 

例えば電車の中で

私は隣の人をチラチラ見てしまうのですが
それがその人のしているマフラーのデザインが
私がかつてよく着ていた服のデザインと

被っているからなのです。

そんな私の気持ちを彼は知る由もないでしょう。

 

そう考えてみると

その人がどう思っているかは

その人にしかわからない。

 

もしかしたらその人自身も

潜在意識で思っていることなので

自覚していないかもしれない。

 

その人がどう思うかで

一喜一憂することよりも

その体験の価値を上げられる捉え方がある。

 

先生に教えていただいたことが
私の心を楽にしてくれています。

ゆっくり急ぐ好循環

紺野明梨紗です。このブログにお越しいただきありがとうございます。

 

今日も、読者の皆さんが最高に幸せになることを願ってブログを書きます。

 

「ゆっくり急げ」という意味のラテン語があります。

 

焦りそうなとき、いつもこの言葉を

思い出すようにしています。

 

ゆっくりていねいに進むと

ミスもなくなるし

実はあまり時間をかけずに

作業を完了させることができます。

 

感情学修もていねいに行うことを心掛けています。

なぜこの感情になったんだろう

ということを一つ一つゆっくりと

確認しながら感情学修をしています。

 

そうすると浄化率も上がる感覚があります。

 

ゆっくり確実にやるという姿勢は

結果的に時短になりそうです。

 

ゆっくり確実に、とか

ていねいに、とか

心にムラがあるとなかなか実践できません。

 

まず心を整えることで

一つ一つの行動がていねいになり

少ない時間で質の良い仕事ができて

楽しい日々を過ごせるんだなぁと実感します。

 

感情学修を繰り返し行うことで

心が整ってきたと感じています。

たまに波立つときもあるけど

平静な状態に戻りやすくなりました。

 

これがていねいな行動につながり

現実がどんどん良くなっていき

感情学修の浄化率が上がって

さらに心が整って…

 

と、良い循環を感じています。

正心で目標達成

紺野明梨紗です。このブログにお越しいただきありがとうございます。

 

今日も、読者の皆さんが最高に幸せになることを願ってブログを書きます。

 

興味深い記事を読みました。

 

不平不満を言いまくると「脳が物理的に変わる」と科学的に判明! 愚痴を言うだけで「深刻なリスク」

https://tocana.jp/2020/01/post_139975_entry.html

 

不平不満を言い続けると脳が変わるらしい。

 

そして

 

ビジネスに生かす中国古典の言葉(第2回)

まずは自分の行いを正し、身をおさめととのえること

https://www.bizclip.jp/articles/bcl00006-002.html

こちらのサイトによると

 

有名な古典である『大学』に夢や目標を実現する順番として、まず修身があるとのこと。

 

この二つの記事を読んで

行いを正せば身体(脳ふくめ)の構成が変わって

夢や目標が実現できるのだ

という気付きがありました。

 

 

『大学』の言葉に興味を持ちさらに調べてみると

実は修身の前段階があるようでした。

 

それは

正心。つまり心のありようを正すこと。

 

「まず心のありようを正し、心の働きにいささかの邪念も入り込まないようにした。」

(『ビジネスに効く教養としての中国古典』守屋洋著より)

 

これを読んで、私の中で一本の線がつながりました。

 

つまり

心のありようを正せば

心のありようが身体の構成も変えて

目標実現できるんだ❗

(しかも『大学』は国を治めるとか目標のスケールが大きい)

 

心って大事なんだなぁ。

 

では、心のありようにアプローチするにはどうしたらよいのか❓

 

実際勉強してみての感想ですが

やっぱりIRMが有効と思っています。

 

IRMを学んで

おかげさまでいろんな目標を達成できました。

 

古典にも記載されている

心のありようが

現代においてもっともっと

見直されるといいなぁと思います。

まだまだ修行

紺野明梨紗です。このブログにお越しいただきありがとうございます。

今日も、読者の皆さんが最高に幸せになることを願ってブログを書きます。

 

IRM開発者幸田先生から

量子力学について教えて頂きました。

量子力学はやはり深く、面白いです。

今は私の理解が浅いところがほとんどだけど

もっともっと知りたいです😊

 

感情を科学的な側面から見てみたいのです。

 

話が変わりますが、私は最近上司との関係で悩んでいました。

その時幸田先生から

「上司が自分をどう思っているかはこの際関係ない」

と驚きの発言が😳

 

私は上司が

・力で押さえ込もうとしてる

・私を良く思っていない

・私とコミュニケーションが合わないと思ってる

・だけど一部では私を認めてくれてるかも

など考えていましたが、

 

それを考えること自体が

私が上司をコントロールしようとしている

ことにつながるのだと!?

 

上司がどう思うかは関係なく自分がどう捉えるか。

 

そういえばこれは

実感トレーニングでも教わっていました。

 

教わった記憶はあるけれど

いざ実践となると別の話なのですね😂

 

まだまだ修行中の私です。

願いを実現させるには

紺野明梨紗です。このブログにお越しいただきありがとうございます。

今日も、読者の皆さんが最高に幸せになることを願ってブログを書きます。

 

「こうなれたらいいなぁ」

という願望は、多くの人が持っていると思います。

 

では、その願望を実現するためには

どうしたらいいのでしょうか❓

 

私はそれを知りたくて

これまでにいろんな書籍を読んだり

直接教えてもらっていた時期もありました。

それなりの金額を使って情報収集してきました。

 

そして無駄だったと気付きました。

 

…だと言い過ぎですね。

たしかに貴重なこともたくさん教わりました。

だけど、基礎がなっていなかったのです。

 

そう、スポーツにたとえるならば

正しいフォームの型も覚えず

素振りの練習もしないうちから

プロ中のプロがやる一流テクニックを

教わるようなもの。

 

テクニックを教わるのは楽しいし

知ってるだけで出来そうな気がしてしまいます。

だけど実際にやってみると

ぜんぜん出来ないのです。

 

まずは基礎から。

そして、願いを実現させるための基礎とは

 

心の在り方を整えること

 

にあると考えています。

 

スキルを学んでみたところで

それを心からやってみようと思えなければ

実現しないのです。

 

コストを負担して情報収集をしている時点で

心からやりたいと思っているつもりでしたが

それは誤解でした。

 

無意識でもやりたいと思うのか❓

というのがポイントなのです。

 

無意識でも本当にしたいことを

私は感情学修をしながら模索しています。